社会科・探究学習

生煮えの余白

うまてぃー(以下、馬)「今日の作戦会議(子どもたちとプロジェクトを考える時間)、こんな流れで行こうと思うんだけど、どう思う?1時間だけでやるには詰め込みすぎな気がするし、最初の話し合いで、いきなりファシリテーターを子どもに任せちゃうの、今...
かかわり方

子どものストーリー

ほとんどの子どもたちに直接会わないまま、4月16日(木)から、オンラインを中心に活動が始まった。いつもの4月であれば、1ヶ月間は昼休みに子どもたちと15分程度の面談をしたり、みんなで遊んだり、決め事をしたりして、盛りだくさんで、あっという...
かかわり方

人の力を信じて待つ、というあり方で聴き合う

ブログの「プロフィール」にも書きましたが、「信じて、待つ」ということは、10年くらい前から大事にしている言葉です。そのことを書いた記事が、学校のホームページに公開されたので、僕の記録用に載せておきます。 うまてぃー その記事には文字...
かかわり方

4月最初に同僚と行うこと

4月1日は多くの教師にとって、正月のようなもので、ウキウキする日のようだ。(この状況だと、今年はそうとも言えない)僕は、のんびりとスタートしたい派だけど、周りのウキウキに流されて、決めごとをしたり、学級通信の発行や教室整備をしたり、気づい...
メモ

初任者の先生に本を紹介するとしたら

という、タイトルで書き出してみたものの、どの初任者にも合うベストな本は無いと思うので紹介しづらい・・・。その人のことを知っているなら「これがいいかも・・・。」くらいは、かろうじて言えます(たぶん)。でも、他人ではなく1年目の僕自身にだった...
じぶんに気づく

プロセスのふりかえり

先週の記事に続き、「ふりかえり」について書いてみる。 月曜日に、同僚からふりかえりの新たな視点を与えてもらったので、そのことについて、自分が学び経験した記録としてメモしておきたい。 チームとして、何か1つのイベントを実施した後に、こ...
じぶんに気づく

僕の「ふりかえり」の現在地

4月1日から、毎日の職場でのことを振り返るという習慣が継続できている。 一生に一度しかできない経験を味わっている自分の感情や出来事を記録しておきたい。きっと、それがこれから先の僕の進む道に何らかの形で力になっていくはずだ。というのが、一番...
読書

生涯幼稚園児でいこうぜ!

最近の通勤のお供の本がこれだった。 特にプロジェクトのカリキュラムを考える上でも大事なことを学べたし、これからの仕事への姿勢についても大きな指針をもらえた本だった。 ライフロング・キンダーガーテン 創造的思考力を育む4つの原則 ...
読書

『続・ゆっくり、いそげ』と学校づくり

www.kurumed-publishing.jp 恩師に「異業種から学べ!」と言われて、様々な企業の経営関係の本を読んできたけど、最近は、すっかり教育本ばかりになってしまっていて、久しぶりに教育本ではない本を読んで、すごくいい本に出会っ...
読書

『シンプルな方法で学校は変わる』と『「学校」をつくり直す』を並行して読むこと

すごく苦手な本の感想を書きます。 久しぶりに、この本を開いた。 効果10倍の(学び)の技法 シンプルな方法で学校が変わる! (PHP新書) 作者: 吉田新一郎,岩瀬直樹 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました